Aqoursファンミについて色々

Aqoursクラブ活動LIVE&FANMEETINGの最終公演が終わって2週間ほど経ちましたが一応総括的なあれを。

私は札幌・沼津・上海・名古屋・千葉のLVに参加していました。

 

前半のトークが本当に面白い。基本は普段のニコ生の雰囲気ですが、当然ボリュームもかなりありますし、発言が普段より荒い感じがして私は好きでした。降幡さんには涙が出るくらい笑わせてもらった記憶があります。伊波さんが活躍していた某コーナー辺りは爆笑というよりは拍手喝采という感じで。あれはやばい。しかも映像化の予定が今のところ無いと来る。どこにいくら出せばいいのですか…?トークコーナー絶対売れるので売ってほしい。千葉だけでは足りない。トークコーナーだけまとめて円盤にしてほしい。(後述のジングルは惜しいけど) 全体の流れとして時間が経つほど内容がニコ生でやらないようなものになっていたように感じます。

あと、上海のときに通訳の方が当然いたのですが、あれも凄いですね。たまに通訳忘れてコメントがめっちゃ長いときがあったりしてもなんとか全部訳しているようでした。流石プロ。

 

後半のライブパートは主に2ndでやっていた曲でしたが、2期のOPをコンスタントにやっていましたね。途中(私が行った中では沼津)の公演から、アニメ2期OPのサビ前画面分割をカメラワークでまさかの再現。最初観たときの興奮ったらないですよ。流石にあんなこと現実では難しいでしょーとか思っていたらライブに使うような会場ではないところでさえやってくれて…。初めてOP見た時からあのカメラワーク好きなんですけど、この調子でいけば3rdでもばっちりでしょうし、楽しみです。(なおチケット) キャストの映像とのマッチは今更言うまでもないですが、カメラワークもそれに付いていけるのがすごいなーなんて。素人目線には思います。恐らく良くも悪くもLVに何度も足を運んでいたので思ったのですが、千葉のカメラは他所よりいいやつだったのでしょうかね。DaydreamWarriorとスリリング・ワンウェイ辺りほんとにこれ生でやってる???って感じの映像でした。リアルタイムでやっているとは思えない。地味に自己紹介の時も揺れたりしてたのでいろいろできるのでしょうきっと。あと2ndでやっていなかった曲といえば、ジングルベルは止まらない、聖なる日の祈りでした。実はリリースの時のあれに行けていたので感覚は久しぶりな気分でしたね。衣装も曲も今のところ12月しかやってないですし、なかなかお目にかかれないので嬉しい。どこかの円盤に入り込む隙はあるのか…。あと今回、途中で投票によって次の曲を決める場面が毎回ありましたが、あれすごくないですか?私はすごいと思います。ぱっと切り替えられる辺り相当練習積んでいるのだろうなと。

 

Next Step Projectと呼称されていた一連の企画がおよそ1年で幕を閉じた訳ですが、体感1年どころじゃないイベントの量だったなぁと思います。1stからの1年間で2ndと2期、そしてファンミって密度がすさまじいですよね。

千葉まで終わってみて、3rdの後くらいにまたファンミがあるみたいですしまた行きたいなと感じています。コンスタントにエネルギーが得られますしね。2ndのときは終わったときちゃんと生きねばという感じでしたが、今回はもうちょっと日々のモチベーションに近い感じでした。自分の中でその差が何故なのかはわかりませんが。f:id:Metamond:20180325214355j:plain